わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

プラネタリウム

一般向け投影「2024年の天文現象」(2024年1月13日から2024年2月25日まで)

 今年もさまざまな天文現象が夜空をにぎわせます。
 月が星を隠す「食」は、土星や1等星スピカの食に加え、すばる(プレアデス星団)も食のシーズンに。
 また、明るくなりそうな、期待の彗星。そして定番の流星群は?
 期待の現象を1年分、一気に紹介します!


※その日の星空の解説も行います。
※事情により、投影内容を変更する可能性があります。予めご了承ください。



幼児向け投影「クルムカとマジックロケット」(2024年1月6日から3月30日まで)

 宇宙が大好きな森の妖精クルムカと友達のキッピ―が、愉快なロボットガイドのロビックスと一緒に、楽しく宇宙を冒険します!

※幼児向けの投影ですので、星空の解説も一般と異なります。
※お子さんたちの声が騒がしくても広い心でお許しください。
※事情により、投影内容を変更する可能性があります。予めご了承ください。



特別投影「星空散歩」(隔月開催)

 50分間まるまる星や星座についてお話する投影です。隔月(偶数月)開催。その月と翌月に見られる星や星座を案内しつつ見られる天文現象を紹介します。
プラネタリウム界隈を中心に活動しているイラストレーターの八王子さんとの掛け合い投影!彼女が描いたかわいい星座絵が登場します。観覧者全員に星座絵缶バッジもプレゼント!

※2024年度の年間スケジュールはこちらをご覧ください。
※その日の星空の解説はありません。