わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

プラネタリウム

投影番組のご案内

一般向け投影 宇宙から見た地球 アポロ8号が撮影した「地球の出」
2018年4月7日(土)~2018年6月2日(日)の土・日曜日
午前11時・午後2時
※5月12日以降の土曜日午前11時の回を除く
観覧料:200円(18歳未満・65歳以上無料)/定員:70人

人類は未知なるフロンティアを求めて、遠い星々を探査してきました。
探査機から送り届けられる、誰も想像さえしなかった驚天動地の画像は、
宇宙の多様さや豊かさを教えてくれました。
しかし、もっと人々を驚かせたのは、
しじまの宇宙に浮かぶ、美しい地球の姿でした。
太陽系の様々な場所から見た、地球の姿をお送りします。

幼児向け投影 ほしみる おじさん ほしみる おじさん
2018年5月12日(土)~2018年7月14日(土)の土曜日
午前11時
観覧料:200円(18歳未満・65歳以上無料)/定員:70人

はてしなく広がる宇宙のなかの、わたしたちの地球。
おじさんとウシくんののどかな一日を通して、
宇宙のしくみをわかりやすくお伝えします。(制作:Astrolab)

特別投影 星空散歩
2018年5月5日(土)
午後3時30分
観覧料:200円(18歳未満・65歳以上無料)/定員:70人

50分間すべて星や星座のお話をする新シリーズ。
5月はおおぐま座やこぐま座に加え、旬を迎えたみなみじゅうじ座など南天の星座をご紹介します。
5月に見られる天文現象も解説します。

特別投影 星空音楽館 星空音楽館
2018年5月19日(土)
午後4時
観覧料:200円(18歳未満・65歳以上無料)/定員:70人

太陽が西の地平線に沈んで夜が訪れると、一番星の登場が新たな星の世界を告げだします。昼間の喧騒が遠ざかり、星空が広がる静かな時の流れの中に身を置き、ゆったりと、ときには強く流れる音楽を聴く時ほど、大自然との一体感を感ぜずにはいられません。そんな至高のひと時をプラネタリウムでお届けしてまいります。

特別投影 館長の星空解説「いつもの星空」
2018年7月7日(土)
午後3時30分
観覧料:200円(18歳未満・65歳以上無料)/定員:70人

見上げればいつもあるのに、決してとどかない…
そんな星空をもっと身近にする、博物館長の私的星空案内。あのプラネタリウム解説、あのギャグ(本人はそれが本領でないと主張しています)をお楽しみください。

※プラネタリウムは途中入退場ができません。

ページの先頭へ