わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

行事案内

特別展

第19回博物館文化祭-ワーキンググループ活動展示・報告会・実演-
平成30年2月4日(日)~2月18日(日)

博物館会員制ワーキンググループの日ごろの活動の成果を展示発表します。

博物館文化祭実演イベント 天体観察会「天体観察会会員によるプラネタリウム投影」
2月10日(土)午後3時15分~5時
場所:プラネタリウム室
入場:無料(先着70名先着順)

天体観察会会員4名が、会で学習した成果を活かし、プラネタリウムを投影します。

博物館文化祭実演イベント 天体観察会「太陽黒点を見よう」
2月11日(日)午前10時~12時(曇雨天時中止)
会場:屋上
参加:自由

望遠鏡で太陽を投影し、黒点を観察します。

博物館文化祭実演イベント お囃子研究会「太鼓をたたいて笑顔になろう」
2月17日(土)午後3時~4時
会場:1階古民家
参加:自由

会員の囃子太鼓の演奏の後、参加者の皆さんと一緒にいろいろなリズムで太鼓を叩きます。

博物館文化祭関連行事 活動報告会
2月11日(日)午後1時30分~4時
会場:講堂
参加:自由
演題
古文書講読会「江戸時代の土地争い―文久三年公事日記から―」
古代生活実験室「縄文土器の製作(野焼き編)」
民俗探訪会「相模の延喜式内社を訪ねて」
平塚学講座「学習成果発表」
天体観察会「太陽勉強会の取り組み」

ワーキンググループの日ごろの成果を発表します。

展示

1階寄贈品コ-ナー 「美しき鉱物たちの謎」
2月3日(土)~2月27日(火)

美しい色合いや様々な性質、身近での意外な利用など、鉱物の色々についてご紹介します。

2階情報コーナー ポスト特別展「ひらつかの村絵図を読む」
3月25日まで

秋期特別展のダイジェストを展示します。

申込制の行事

地質 野外観察入門「相模川流域ジオツアー入門第3回 境川流域の地形と遺跡」
日時:2月25日(日)午前9時~午後4時30分
場所:藤沢駅周辺(全行程約7.8km)
定員:20人(応募多数時抽選)
申込:往復はがきに行事名、住所、氏名、電話番号を記入し、2月14日(水)(消印有効)までに申込。
備考:雨天時中止(中止判断は当日午前6時)

藤沢周辺を歩き、地形や地層、遺跡を観察して、地域の成り立ちを探ります。

天文 アクアマリンプラネタリウム・コンサート
日時:3月9日(金) (1)午後2時~ (2)午後7時~
出演:アクアマリン
場所:プラネタリウム室
定員:各回60人(応募多数時抽選)
申込:往復はがきに行事名・代表者氏名・住所・電話番号・人数(1枚のはがきで3人まで)・希望する回(どちらか一回のみ)を書いて2月23日(金)消印有効で申し込む。申込は1組1通まで。
料金:500円(18歳未満、65歳以上は300円)

アクアマリンが、この冬再び平塚市博物館に登場します。星空と音楽のコラボレーションをお楽しみください。

自由参加の行事

天文 星を見に行こう!星空観察入門
日時:2月4日(日)午後3時30分~4時30分
講師:塚田健(当館学芸員)
会場:プラネタリウム
定員:70人(先着順)

星を見に行くために役立つ情報を解説します。今回のテーマは2月3月の星空や天文現象と、星の文化の楽しみ方を紹介します。

歴史 平塚郷土史入門講座「江戸時代の村の政治」
日時:2月10日(土)午前10時~12時 開場は午前9時45分
講師:早田旅人(当館学芸員)
会場:講堂
定員:50人(先着順)

今年度は「江戸時代の村」をテーマに考えます。第2回は「政治」です。江戸時代の村人はどのように村を運営していたのでしょうか?

天文 星を見る会「星の一生をたどろう」
日時:2月16日(金)午後7時~午後8時30分
場所:科学教室・屋上

星の誕生の場から晩年を迎えた星まで、冬の夜空で星の一生を彩る天体たちを望遠鏡でたどります。

天文 天文学入門講座「シリウス・カノープスと恒星の進化②」
日時:2月24日(土)午後3時30分~午後5時 開場は午後3時15分
講師:塚田健(当館学芸員)
場所:講堂
定員:50人(先着順)

毎月1回開催の天文学入門講座。天文学の基本を分かりやすく解説します。今年度のテーマは「1等星」。名前は有名でもどんな星かわからない…そんな1等星の素顔を紹介しつつ、天文学の基礎事項を解説します。第9回では、全天一の明るさを誇るシリウスと"南極老人星"カノープスについて紹介するとともに恒星の進化について解説します。

ご利用案内

行事に参加するには

参加募集の申し込み方法をご確認下さい。年間会員制の行事の会員募集は3月ころに行ないます。
なお行事のお知らせは当ホームページのほか、平塚市役所の広報誌「広報ひらつか」や、当館で発行する情報誌「あなたと博物館」(月刊)でも見ることができます。

申し込んだ行事に欠席する時は

電話で欠席するむねを連絡してください。特に、野外行事の場合には早めにご連絡を。

往復はがきでの申し込みについて

必ず、氏名・住所・電話番号を書き、返信用ハガキには自分の住所氏名を書いて送ってください。また、1枚のハガキでは、1つの行事だけを申し込んでください。家族の方の場合は、特に指示のない限り1枚のハガキでかまいません。
なお、定員のある行事では、応募が多数の場合には抽選を行います。
往復はがきの料金が124円に変更になっていますので、ご注意ください。

「あなたと博物館」の定期購読について
平塚市博物館の事業や近況は、博物館広報紙「あなたと博物館」(毎月1日ころ発行)にも掲載しています。
「あなたと博物館」を定期的に購読したい方は、封筒に送付希望期間分の82円切手(1年間の場合は12枚)と購読を希望する期間を書いたメモ(例:平成26年4月~平成27年3月)を入れて当館までご送付ください。(封書の表書きに「あなたと博物館申込」と赤字で書いてください。)

「あなたと博物館」はこちらからも閲覧できます。

ページの先頭へ