わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

行事案内

特別展

夏期特別展 川原の石のメッセージ -ひろって学ぶ大地のなりたち-
9月10日(日)まで

岩石の種類と分類の仕方から、地球の構造や大地の成り立ちまで、地球科学の基本を、身近な河川と川原の石をテーマにご紹介します。

特別展関連行事 展示解説
9月3日(日) 午後1時~1時50分
会場:特別展示室
参加:自由

特別展の見どころをわかりやすく解説します。

特別展関連行事 記念講演会(2)「川原の石から大地の成り立ちを探る」
9月9日(土)午後2時~4時40分
①「石のいろいろ-ところかわれば石かわる」
講師:高橋直樹氏(千葉県立中央博物館)
②「三つの石で地球が分かる」
講師:藤岡換太郎氏(神奈川大学)
会場:博物館1階 講堂
参加:自由(定員80人、先着順)

世界中にみられる様々な石や、それに基づく地球と大地の成り立ちについて、石と地球の専門家お二人に分かりやすくお話しいただきます。

展示

1階寄贈品コ-ナー 「平塚の埋蔵文化財 近年の発掘調査資料」
9月6日(水)まで

近年平塚市内で実施された発掘調査で出土した考古資料を公開します。

1階寄贈品コーナー 「博物館実習生制作展示」
9月15日(金)~9月27日(水)

今年度の博物館実習生が制作する展示です。どんな展示になるかは出来てのお楽しみ。

2階寄贈品コーナー 博物館・美術館・中央図書館 3館コラボレーション企画展示「絵本で見る地球」
9月10日(日)まで

美術館の企画展に合わせた博物館・美術館・中央図書館の3館コラボレーション企画展示。

2階情報コーナー ポスト特別展「川原の石のメッセージ -ひろって学ぶ大地のなりたち-」
9月16日(土)~10月5日(木)

夏期特別展の内容を厳選して展示します。

申込制の行事

地質 野外観察入門講座「相模川流域ジオツアー入門第1回 秦野盆地の地形と地層」
日時:10月15日(日)午前9時~午後4時
場所:葛葉緑地周辺
申込:往復はがきに行事名、住所、氏名、電話番号を記入し、10月4日(水)(消印有効)までに申込。
定員:20人(応募多数時抽選)
備考:雨天時中止(中止判断は当日午前6時))

葛葉緑地と周辺の地形や地層を観察し、秦野盆地や丹沢山地がいつどのようにして生まれたのかを学びます。

自由参加の行事

天文 絵本で見る地球関連行事「魚が浮いたり沈んだり 浮沈子をつくろう」
日時:9月10日(日)午後1時30分~3時
会場:博物館2階 情報コーナー前
参加:時間内であればいつ来ても大丈夫。工作にかかる時間は10~15分程度です。参加費無料。

容器を押したり離したりすると中の魚が浮き沈みする浮沈子というおもちゃを作ります。

天文 天文学入門講座「アンタレス・デネブ/恒星の距離②」
日時:9月30日(土)午後3時30分~午後5時 開場は午後3時15分
講師:塚田健(当館学芸員)
場所:博物館1階 講堂
定員:50人(先着順)

毎月1回開催の天文学入門講座。天文学の基本を分かりやすく解説します。今年度のテーマは「1等星」。名前は有名でもどんな星かわからない…そんな1等星の素顔を紹介しつつ、天文学の基礎事項を解説します。第4回では、さそり座のアンタレスとはくちょう座のデネブを紹介しつつ、星までの距離の測り方について解説します。

ご利用案内

行事に参加するには

参加募集の申し込み方法をご確認下さい。年間会員制の行事の会員募集は3月ころに行ないます。
なお行事のお知らせは当ホームページのほか、平塚市役所の広報誌「広報ひらつか」や、当館で発行する情報誌「あなたと博物館」(月刊)でも見ることができます。

申し込んだ行事に欠席する時は

電話で欠席するむねを連絡してください。特に、野外行事の場合には早めにご連絡を。

往復はがきでの申し込みについて

必ず、氏名・住所・電話番号を書き、返信用ハガキには自分の住所氏名を書いて送ってください。また、1枚のハガキでは、1つの行事だけを申し込んでください。家族の方の場合は、特に指示のない限り1枚のハガキでかまいません。
なお、定員のある行事では、応募が多数の場合には抽選を行います。
往復はがきの料金が124円に変更になっていますので、ご注意ください。

「あなたと博物館」の定期購読について
平塚市博物館の事業や近況は、博物館広報紙「あなたと博物館」(毎月1日ころ発行)にも掲載しています。
「あなたと博物館」を定期的に購読したい方は、封筒に送付希望期間分の82円切手(1年間の場合は12枚)と購読を希望する期間を書いたメモ(例:平成26年4月~平成27年3月)を入れて当館までご送付ください。(封書の表書きに「あなたと博物館申込」と赤字で書いてください。)

「あなたと博物館」はこちらからも閲覧できます。