わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

平塚市博物館公式ページ

平塚の考古資料50選

31. 官衙を示す墨書土器(「国厨」・「郡厨」墨書土器

遺跡名 稲荷前A遺跡(平塚市四之宮字稲荷前)
    天神前遺跡(平塚市四之宮字天神前)
大きさ 国厨 口径13 ㎝、高さ3.8 ㎝
    郡厨 口径12.9 ㎝、高さ3.9 ㎝
年 代 奈良時代(8 世紀)

稲荷前A遺跡第1 地点の1 号住居跡から、土師器坏に「国厨」と書かれた墨書土器が、また天神前遺跡第8 地点の13 号住居跡から、静岡県西部の駿東型の土師器坏に「郡厨」と書かれた墨書土器が出土しました。この二つの文字は「相模国の厨家」、「大住郡の厨家」を標記したものです。「厨家」は国・郡の行政を執行する部署の一つで、食事の供給や食料・食器の調達・管理を職務とします。
二つの資料は8 世紀後半のもので、この時期に国府と郡衙が成立していたことがわかる、大変貴重な資料です。また、稲荷前A遺跡第1 地点の3 号住居跡からは、8 世紀前半の「大住厨」墨書土器が出土しています。
相模湾・相模川の交通の要所に東海道と大住郡衙が設置され、その後、相模国府の建設が始められたものと思います。


官衙を示す墨書土器

次へ

平塚の考古資料50のトップページへ

平塚市博物館のトップページへ


平塚市博物館 254-0041 神奈川県平塚市浅間町12-41

電話:0463-33-5111 FAX:0463-31-3949

ページの先頭へ