?

わたしたちは「相模川流域の自然と文化」をテーマに活動している地域博物館です

平塚海岸のウミガメ2015 

平塚市博物館公式ページ

【平塚海岸のウミガメ2017】

20176月・8月に漂着したウミガメの死骸 

2017614日撮影) 2017825日撮影)
  平塚新港 平塚海岸
アオウミガメ アカウミガメ
甲羅全長440mm 幅360mm 全長660mm 全幅650mm 甲羅全長764mm 幅593mm



アオウミガメ・アカウミガメの違い



※画像をクリックすると、大きな画像が見られます。

【お願い】
現在、世界に分布する7種のウミガメのうち、6種が絶滅の危機に瀕しています。
砂浜が減少し産卵する場が少ないことや、海に捨てられたゴミを食べてしまったりすることが問題となっています。
多くのウミガメが生きられるよう、環境を守りましょう。
ご協力宜しくお願い致します。

※平塚海岸のウミガメ調査は、新江ノ島水族館、国際生態学センター、海洋生態学研究センターのウミガメ研究者と
神奈川県平塚土木事務所、平塚市みどり公園・水辺課、平塚市博物館が協力して行っています。

ページの先頭へ